2004年12月23日

「Google―なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか」


「Google―なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか」を読んでみた。

「グーグルのマネジメントについて書かれた
『世界初』の書籍」とのこと。

グーグルという企業の強さの秘密を
日本人の視点から見たもので、
グーグル日本法人の社員の生活スタイルなども
たくさんかかれており理解しやすく、
章立ても簡単で読みやすい。

特に興味深いのは「トルネード型発展モデル」と
呼ばれる組織的にアイデアを具現化する仕組みだ。

メンバーが自由研究
 ↓
目処がついたら社内発表
 ↓
社内発表の一定の評価があれば
「Google Labs(ヘビーユーザー)に公開」
 ↓
軌道修正して一般公開へ

・社内全体からFBをもらう
・ヘビーユーザーにFBをもらう
という点がユニークだ。


彼らの基本思想も興味深い。

「最高の人材」×「最高の創造的環境」=「最高の成果」

これらを元に、
福利厚生についても「飲食」「身体的ケア」「遊具」「イベント」
などをたくさん実行している。

私自身も本当に「楽しく・やりがいがあって・結果を出せる」
環境を作ることを目標として日々努力をしているが、
確かに結果を出しているこのグーグルから
学べるものも多いはず。

自分の夢の実現を一部実践している企業があると
わかって、勇気付けられた一冊だった。



syttjp at 21:09│Comments(2)TrackBack(0)経営 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ながさく   2004年12月25日 04:50
ご購入ありがとうございます。
実はこの本がぼくの所属している部署の初書籍なのです。
こういうアフィリエイトリンクの一つひとつがうれしいですね。厳しめのご意見もありましたら、お知らせくださいませ。
2. Posted by dekitan   2004年12月26日 20:29
ながさくー!
コメントありがとう!
がんばって拡販してね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔