2005年01月13日

『iPod shuffle』に買い物客が殺到

macmini

やはり、相当盛り上がっているようだ。
日本でも相当売れるのは間違いないだろう。

昨日ワールドビジネスサテライトでジョブズCEOが
プレゼンをしている姿があったが、
その際に499ドルの『Mac mini』(マックミニ)を持ちながら、
「ウィンドウズユーザーに乗り換えてもらう理由となる
料金にする必要があった」と説明していた。

デザインがシンプルでこれがパソコンかというと
いうくらいとにかくすごいが、ユーザー視点に立って
何を提供すれば喜ぶかを考えた一つの答えだと思う。

詳しくは下記の記事へ。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050113203.html

サンフランシスコ発――11日朝(米国時間)にサンフランシスコのアップルストア(写真)にできた人だかりを見たら、アーティストのU2が来店したのかと思うかもしれない。

 しかし、この日の本当のスターは、99ドルで容量512MBの『iPod shuffle』(アイポッドシャッフル)だった。このiPodシリーズの新製品は、低価格MP3プレーヤー市場の競合他社に対する米アップルコンピュータ社の明確な意志表明でもあった。

 騒ぎのわずか数分前、モスコーニ・センターで行なわれた『マックワールド・エキスポ』の基調講演(日本語版記事)の締めくくりに、スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、2ブロック北にある近所のアップルストアでiPod shuffleを販売しているという「噂を聞いた」と発言した。この一言を聞いて、新製品を手に入れたくてうずうずしていた100人以上の人々が駆けだした。

 「ここに来たのは、明日まで待っていたら売り切れになるんじゃないかと思ったからだ」と、近くのパソコン量販店『コンプUSA』で働くスティーブ・サロスさん(写真)は言う。「コンプUSAなら(社員割引があって)いいのだけど、いま手に入るのはここだけだからね」

 ここ数年、基調講演を聴きに行くと、会場に用意されたワイヤレス・インターネット接続を利用して、ジョブズCEOが発表したばかりの製品を何でもオンラインで注文できた。ところが今年はホールで『Wi-Fi』(ワイファイ)が使えなかった。そのため、iPod shuffleの購買意欲満々の人たちは――それがアップル社の狙いだったのだろうが――我先にアップルストアを目指す以外に選択肢がほとんどなかった。

 「まるで集団ヒステリーだよ」と語るのは、『ファンド・フォー・パブリック・インタレスト』のためにアップルストアの外の様子を調べていたポール・スパレクさん。「写真を撮っている人が通りのあちこちに大勢いた……みな、iPod shuffleのことで頭がいっぱいのようだった」

 アップルストアで働くアンソニー・コルブさんは、昼休みを終えて職場に戻る途中、たくさんの人が店に向かっているのを目にした。

 「本当に正気の沙汰じゃなかった。人だかりをかき分けて戻らなければならなかったからね。でも大いに愉快だったよ」とコルブさん。

 アップル社の新製品のリリースはいつも極秘にされているため、コルブさんら店のスタッフは、どんな新製品がマックワールドで大々的に発表される予定なのかを知らず、販売のための訓練も事前に受けていなかったという。

 「君たちが知るのは、顧客が知るときだ。だから、できるかぎり迅速に(販売方法を)学ばなければならない」と言われたそうだ。

 店内では、店員のマイケル・ライエンさんが精一杯の早さでiPod shuffleを箱から出して手渡していた(写真)。一度に2、3台受け取る客も多い。まるで通りで試供品を配っているような感覚だ。ペンより短いデジタル音楽プレーヤーを人に先んじて100ドルで手に入れることには、それほど魅力があるというわけだった。

 こうした経験そのものが「スティーブ・ジョブズCEOが現実を強引に変えていく場」にとけ込む修練になるのだと、自らも1台買うために列に並んでいたステファノ・スカリアさんは言う。

 「ジョブズCEOが何か言うと、誰もが購入する。私も、お金に余裕があるわけではないのに、外に駆けだして手に入れたくなった……私は筋金入りのマックユーザーだし、何はともあれ、みんな1台は手に入れる。だから、私にも1台必要なんだ」とスカリアさん。

 iPod shuffleを買いに走るのはマックユーザーだけではない。これまでのiPodシリーズと同様、iPod shuffleはマックにもウィンドウズにも対応しており、アップル社がデジタル音楽プレーヤー市場のまだ掌握していない部分も手中に収めるつもりなのは明らかだ。

 ジョブズCEOが基調講演の最後に発表したことを考えると、見本市の名前はマックワールドでも、iPod shuffleがアップル社の看板商品だということがますます鮮明になってきている。

 しかし、必ずしも皆が同じ意見というわけではない。

 「あのオペレーティング・システム(OS)、あのコンピューターがあるからこそ、マックが好きなんだ」と、コルブさんは言う。「iPodは洗練されているが、マックはもっとかっこいい。アップル社がiPod一色になるのは見たくない」

 コルブさんの心配は無用だ。ジョブズCEOは11日にもう1つ大きな発表をした――アップル社は新製品の『Mac mini』(マックミニ)を今月22日[日本では29日]に発売する予定だ。499ドルのMac miniの発売時も、おそらくコルブさんは買い物客の波をかき分けて進まなくてはならないだろう。


[日本語版:矢倉美登里/福岡洋一]


syttjp at 21:07│Comments(0)TrackBack(1)インスピレーション 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 超小型iPod shuffle(シャッフル)初日完売   [ ベンチャー企業の社窓から・・・ ]   2005年01月16日 12:30
超小型iPod shuffle(シャッフル)初日完売 出荷積み増し 米本社に要請(1/16日経朝刊) アップルが一気に攻勢にでてますねぇ。初日完売とはすごいパワー。 正直iPodはかっこいい。うちの同居人2人も持ってるし。うらやましい限り。 でも私は音楽は気に入ったのだけ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔