2005年04月03日

リーダーの対人関係力


置きっぱなしになっていた
ダイアモンド・ハーバード・ビジネス・レビューの
2005年3月号
を読んだ。

面白かった特集は「対人関係力のマネジメント」。

対人関係力は4つの要素からなるという。

■影響力
■人間関係の円滑化
■チーム・リーダーシップ
■対人関係における創造性

それぞれの開発方法が様々あり、
具体的で参考になる。

■影響力
・最近の政治における駆け引きの成功例について読み、
 何が功を奏したのかに注目する
・影響力の大きさで知られる人を見極め、彼らの流儀を学ぶ
・カーネギーの「人を動かす」を読む

■人間関係の円滑化
・同僚ひとりひとりの関心事や価値観、その人が魅力を感じるだろうタイプと
 苦手と思われるタイプを書き出し、どのような推論が得られるか考える
・同僚と仕事以外の話をする
・「EQ:こころの知能指数」を読む

■対人関係における創造性
・広告を見てターゲット市場を想定し、制作者の意図を読み取る
 自分ならばどこをどのように変えるか考える
・ブレーンストーミングを実施する

■チーム・リーダーシップ
・社内で最も優れたチーム・リーダーの行動を観察する
 観察対象の人物にアドバイスを仰ぐ
・チームの編成の際に、メンバーがリーダーに異論をとなえやすいようにする

たしかに、どの項目もとても大事。

あくまで強制力、という意味ではなく
影響力をもっとつけたいなあ。




syttjp at 20:56│Comments(0)TrackBack(0)経営 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔