2005年04月03日

カルロス・ゴーン氏の社員のモチベーション向上方法


日経ビジネス4.4号より。
特集「社員を満たす会社」の中のインタビューだ。

ゴーン氏のメッセージはいつも明快だ。

今回のインタビューも参考になった。

===

モチベーションは実は、最も重要な会社の資産です。

重要なのは、ストーリーを語るときにビジョンと目的地を示すことです。

ビジョンや目的地がダイナミックであることも重要です。

日産では、トップマネジメントが、個人やチームの悪い結果に対して、
その中身と原因を分析するプロセスを確立しています。

モチベーションは命令できないものなんです。

===

先日お会いした方からも同じようなことを聞いた。

「メンバーを育てるのに必要な要素はいくつかあるのですが、
そのうち85%がモチベーションなんですよ。
日本のマネージャーはつい知識とか行動を詰め込みしようと
しますがそれではまったく結果がついてこないんですよね。」

とても納得。

モチベーションをあげる仕組みづくりは
大変だが、これができたら強くなる。

仕込んでます。




syttjp at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)経営 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔