2004年05月05日

先に情報を送ろう!

販促会議、石原明さんのインタビューから。

人は情報を欲するときに初めて話を聞きたがる。
したがって無理に会おうとするよりも、
情報を送って興味があればあってくれと。

見てなかったら「・・・読みません?」と声のトーンを落として聞いてみるというのが面白い。
「見てください。聞きたくないのに1時間話すのはお互い損だから見てください」というのはすごく納得。きちんとみてもらう理由を作るということだ。すばらしい。

私の場合は「資料をお送りすればお話できますよね?」と聞いてついたころに電話をしていた。
「お話させていただく約束でしたので。。」といえば資料がわかっていてもいなくてもとりあえず話はできる。わからないけど知りたいという状態になっていれば必ずアポイントはもらえる。

ポイントはその人が得だと思う情報は何かを意識するということかな。


syttjp at 18:12│Comments(0)TrackBack(0)営業のコツ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔