2004年08月27日

自ら問題を定義し、解決するリーダーとは

自立型リーダーの要件とは、組織マネジメントのプロフェッショナル
によると下記のような形になるとのこと(一部加筆あり)。

1.自らチームのWHAT(何をすべきかという問題発見や課題設定)構築を常時行っている
2.少しでもいいから独自性と、顧客価値があがるように検証にこだわっている
3.できないことにチャレンジしている(できることだけでは人を育てない)
4.「これからこの分野はこうなると思う」と自分から発信する
5.一貫したポリシーで行動を自己管理している
6.抽象的な事象について比喩や具体的事例をもとに自分の言葉で伝達している
7.質問や考えさせることを多用している
8.新たな専門的スキルを常に更新している
9.自分が手ごたえを感じながらもメンバーが自由に動ける仕組みを作っている

特に大事だと思うのは「できないことにチャレンジすること」だと思う。

仕事で目標を持っている場合、一定の成績に来るとふと「やることは終わった」と感じるパターンがあるようだが、必ずまだまだ成長余地があるはずで、何を改善できるかを考えることこそが成長につながる。

もっと成長した自分をイメージし、そのために何が必要かを考えてすぐ実行しよう。


syttjp at 08:53│Comments(0)TrackBack(0)経営 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔