2004年08月31日

選ばれる営業マンになる法

プレジデント 9.16号

<アサヒビール 福地氏>

■営業マンにとって顧客に会わなくなってしまうことは、一番危険なことだ。

■苦手意識は相手に伝わる。

■惚れられるより惚れろ。

■課題を解決するための3つの視点

・取り組みの仕方を変える

・タイミングは今が一番いいのか判断する

・人脈を生かせないか考える

■能力が足りなければ足を使えば良い。

うーん、なるほど。わかりやすいと思う。
確かにいいクライアントにはたくさん訪問して、
そうでないクライアントにはなかなか訪問しない。

難しいクライアントほどそのクライアントにほれ込んでみれば、糸口が見えるかもしれない。
ダメになるくらいなら、とことんチャレンジして見よう。

「クライアント以上に、クライアントのことを知ろう。」





syttjp at 08:54│Comments(0)TrackBack(2)営業のコツ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 久々の訪問で議題山積み  [ テスト屋の営業マン ]   2005年03月16日 22:50
某学習塾の担当者と久々の打ち合わせ。 定期的なお仕事を数年に渡り頂いている,ビッグなクライアントなのだが,忙しさにかまけて,打ち合わせは電話で済ませていました。 新しいクライアントには足繁く通っても,慣れの出てきた安定客には,なかなか足が向かないものです。
2. イメージマーキング本番稼動開始  [ テスト屋の営業マン ]   2005年03月16日 22:55
在宅スタッフがPC上でイメージデータを見ながら採点するイメージマーキングシステムの本番業務が本日ついに始まりました。 全国でも(世界でも?)初めての取り組みだと自負しています。 憂慮していたスタッフの数不足も杞憂に終わり,無事第1回の納品を迎えました。手ご

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔