2004年11月03日

マティス展:国立西洋美術館

マティス

珍しく美術館へ。
意外な感動を発見。

マティス展を鑑賞。

とにかく驚いたのが、見ているだけで
結構面白いということ。

絵の描き方、構図、被写体などなど
書いているマティスを勝手にイメージすると
どんどん想像が膨らんでいく。
美術をまったく知らないので
あっているかどうかはまったく関係ない。

普段仕事ではいじりにくい部位を
刺激された感じ(右脳?)。

で、つい本当に勢いで買ったのが
「巨匠に教わる絵画の見かた」

絵は知りた顔で見ている人が多くて
なんとなく入りにくい雰囲気があったけど、
この本はイラストを交えて著名な作家の
絵の背景などを教えてくれる。
思わず衝動買い。マーケティングとしてうまい。




syttjp at 23:53│Comments(0)TrackBack(0)インスピレーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔